古都京都の文化財 東寺、平等院、宇治上神社、西芳寺、仁和寺

延暦十五年(794年)10月に桓武天皇によって平安京が置かれた京都。平安京は三方を山に囲まれた盆地で、自然との調和を意識し唐の長安を見習い計画された都市。平安時代から鎌倉時代、室町時代を経て江戸時代に至るまで、歴史の舞台となった17の寺社城郭が、1994年に世界文化遺産に登録された。

登録された寺社城郭は、東寺、平等院、二条城、金閣寺、銀閣寺、天龍寺、龍安寺、延暦寺、清水寺、西本願寺、上賀茂神社、下鴨神社、仁和寺、西芳寺、醍醐寺、高山寺、宇治上神社の17箇所。

その1 では、東寺、平等院、宇治上神社、西芳寺、仁和寺にお参りに行った、ただの個人的記録。

教王護国寺(東寺)  自転車で世界遺産!

延暦十五年(794年)の平安京遷都の際、桓武天皇は都の入口の羅城門の東西に寺の建立を命じ、それぞれ東寺、西寺と呼ばれた。西寺は1232年に焼失し再建されなかったが、東寺は戦乱や火災にあうものの後白河法皇や豊臣家、徳川家の庇護により現在に至る。

823年に嵯峨天皇は空海に東寺を下賜し、空海は東寺の名称を教王護国寺と改めた。

そんな東寺へは、四国自転車お遍路への出発に際し、弘法大師さんへ出発の挨拶をするため、自宅から西国街道を自転車で目指した。

西国街道を自転車で走った記録は、↑クリック。

東寺到着!五重塔も見えた。ゴールはあっけなく感動的でない。堀の外から南大門と五重塔を写真に収める。観光客がすごく多く外人さんのバックパッカーもいる。しかし汗だくなのは、俺ぐらいである。南大門から入りたいが、門の前に自転車を置くと目立ちすぎるし迷惑だ。少し戻り歩道橋の階段裏に自転車を置く。そして歩いて南大門に向かった。

南大門から入るが、五重塔や金堂、講堂は拝観料が必要な有料エリア。じゃりじゃりと音を立てながら五重塔や金堂、講堂を横目に食堂(じきどう)へと向かう。

手水で清めるのが先だな。食堂(じきどう)と北大門の間に手水があるので手を清める。

まずは庭園を歩き、五重塔まで行った。

複雑な細工でできている。

東寺の本堂が金堂。延暦15年(西暦796年)に東寺が創建された際、最初に工事がはじめられた。しかし文明18年(西暦1486年)に焼失し、関ヶ原の合戦後に落慶されたのがこの建物。

金堂の中に入ると薄暗い広大な空間に、高さ10mを越える薬師如来坐像とその両脇に日光菩薩像と月光菩薩像があり、静寂な空気に満たされていて気持ちがとても落ち着く。四国八十八箇所を回る事と無事に結願できる事を祈願し、しばらく腰掛けていたが服が汗で気持ち悪いので外に出る。(画像は東寺ホームページより)

続いて講堂を拝観する。弘仁14年(西暦823年)に着工し、承和6年(西暦839年)に完成したが、金堂と共に文明18年(西暦1486年)に焼失した。しかし講堂は最優先で再建され焼失のわずか5年後に完成した。重要文化財に指定され、延徳3年(西暦1491年)完成の入母屋造本瓦葺。

講堂は弘法大師空海による立体曼荼羅という、たくさんの仏像が配置され立体的に表現した曼荼羅の世界が広がっている。こちらは躍動感に溢れた雰囲気でしばらく見入ってしまった。が、一人旅の女子も多く邪念が発動してくるので長居はしなかった。(画像は東寺パンフレットより)

弘法大師空海による立体曼荼羅の配置図(画像は東寺ホームページより)

有料エリアを出て食堂(じきどう)に入る。

食堂の中にある売店で、四国八十八箇所用の納経帳を購入した。さすが東寺で売っている四国八十八箇所用の納経帳は東寺が堂々の1ページ目である。

人生初めてのご朱印。300円也。めちゃめちゃかっこいい。

御影堂は弘法大師の住房であった建物で自由にお参りができるが、今日は外から拝観するに留める。

今度は北大門から一礼して外に出た。

東寺をぐるりと周り自転車に戻ろうと歩いていくと、東側に慶賀門が現れた。再び境内に入る。

平等院  夫婦で世界遺産!

平等院の地は、もとは嵯峨天皇の皇子で平安初期の公卿で源融の別荘を、藤原道長が購入し子の頼道が受け継いだ。末法思想により別荘を寺に改めた頼道は阿字池の中島に阿弥陀堂を建立した。

奥さんと二人で宇治の知人に合いに出かけたついでに平等院へも行ってみよう。

開始はJR宇治駅から。駅前の観光案内所で詳しいガイドマップをもらい、親切なお姉さんから、おすすめのルートを教えてもらう。ニヤけていると奥さんに気付かれ睨まれる。

さすが宇治。お茶屋さんが軒を連ねる。中村藤吉本店。

おなじみ辻利。

宇治盛茶。

上林茶舗。

鳥居は縣神社への参道入口。

お土産屋、飲食店が建ち並ぶ。ハラ減った。

とりあえず茶そばを食い、ハラを落ち着けないと、奥さんの機嫌が悪くなる。

平等院への入口。

平等院鳳凰堂は2014年に平成の大改修が完了し、柱や扉の色を丹土色に塗りなおされた。以前は鉛丹色というこげ茶色のような地味な色合いだったが、赤みの強い鮮やかな色合いになった。これは平安時代の建立当時の姿に近づけるため。

平等院鳳凰堂。光の加減で鮮やかさがイマイチな写真となった。訪れるなら正面に朝日のあたる午前中がベスト!

せっかく創建当初の鮮やかな色合いを再現したのに、以前の地味な色合いのように映る。

でも、たしかに赤みが強い。

ご本尊の阿弥陀如来坐像のお顔を拝顔できるように丸い切抜きがある。

お約束の10円玉とのツーショット。

阿字池。

内部の拝観ツアーに申し込む。時間までうろうろ。

屋根の上の鳳凰は北方像と南方像という。南北ともに二代目の鳳凰。平安時代の鳳凰像はミュージアムに保管されている。

こちらは北方像。

南方像。

浴衣はいいね! 横を歩く奥さんににらまれ小突かれる。

宇治上神社  夫婦で世界遺産!

宇治上神社の主神は5世紀にこの地で自害した応神天皇の息子、菟道稚郎子(うじのわきいらっこ)。平安時代には宇治明神として平等院を鎮守する社だった。宇治明神には上社と下社があったが、1883年に宇治上神社と宇治神社に分社した。

平等院鳳凰堂をあとに、宇治川の中洲、橘島へ。

観光船があったり。

お茶会が開かれていた。浴衣はいいね! またもや奥さんににらまれ小突かれる。

お茶を頂く。奥さんは、たしか茶道部だったよな。などと話したり。

宇治神社。明治以降に宇治上神社と宇治神社に分かれた。なぜか宇治神社は世界遺産の構成遺産に含まれず。

そして世界遺産、宇治上神社へ。宇治上神社は、莬道稚郎子(うじのわきいらつこ)、応神天皇、仁徳天皇を祀る。

参道を歩き進む。

宇治上神社 国宝 拝殿。縋破風(すがるはふ)という緩やかな美しい曲線の屋根。

拝殿には鎌倉時代前期に伐採された桧が使用されている。

盛り砂。清めの砂と呼ばれ、神様の依り代となるもので1年間神社を清めている。

国宝 本殿。日本最古の神社建築で、平安時代後期に伐採された木材が使われている。

正一位離宮太神。

一間社流造りの三殿からなり中央の社殿が小さい。

屋根のデザインもいいな。

さて、団子を食ったり。

宇治茶アイスを食べたりと。宇治を満喫する。

西芳寺(苔寺) 家族で世界遺産!

起源は聖武天皇の詔により奈良時代に行基が開山した。平安時代には弘法大師も住し、鎌倉時代には法然上人が浄土宗に改宗する。その後、戦乱により荒廃するも、藤原親秀の招請で暦応二年(1339年)に夢窓國師が禅寺として再興する。高僧であった夢窓國師は庭作りの名手でもあり、西芳寺の庭園は金閣寺や銀閣寺など室町時代を代表する庭園の原型になった。現在、臨済宗単立寺院である洪隠山西芳寺は、境内に120種以上の苔が覆っていることから苔寺と呼ばれている。

西芳寺は現在、寺院本来の宗教的雰囲気を保つため、往復はがきで事前申し込みを行わなければ参拝できないのであった。

事前拝観予約をしていないので苔寺を少しだけ外からのぞき見る。今日は、願い事をひとつ叶えてくれる、ワラジをはいたお地蔵さんがいらっしゃる鈴虫寺(華厳寺)に参拝したのだ。願いは、いつも順調でありますように。

仁和寺  家族で世界遺産!

門跡とは、皇族や公家などが出家して住む家のこと。仁和寺は門跡として最初のお寺。光孝天皇は国家安泰を願い寺の創建を発案し、888年に宇多天皇が創建した。鎌倉時代となっても寺は栄えたが、応仁の乱により全焼し荒廃してしまう。しかし1641年から1644年にかけて再興され、徳川家光により内裏の殿舎が下賜された。

嵐山でボートに乗り、ゲソ焼きをアテにビールを飲みながら渡月橋を眺める、あぁ至福の時間。

仁和寺の仁王門から境内に進み入る。

仁王様。

中門を進み入る。

観音堂から五重塔を眺めつつ。

まぁヘタクソな写真だ。

金堂

咲き誇る御室桜。天気が悪いのか、ウデが悪いのか、パッとしない写真である。

ここ仁和寺の御室桜は、酸素や栄養分が少ない粘土質の土壌に咲くため、根っこを深く伸ばせない。なので遅咲きで背丈が低いのだとか。