姫路城

姫路城の始まりは、南朝正平元年、北朝貞和二年(1346年)に赤松貞範が築城したとする説が有力。戦国時代後期から安土桃山時代にかけて、黒田氏や羽柴氏が城主となり、1580年に毛利攻めの拠点として羽柴秀吉が三層の本格的な城郭を築く。そして関ヶ原の合戦の後に城主となった池田輝政によって8年の歳月を掛け大規模な城郭へと大改修された。軍事拠点として、権力の象徴として存在した姫路城は現存する城郭建築の最高傑作といわれている。

1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」とともに日本初の世界文化遺産に登録された。

姫路城図屏風 寛保元年(1741年)以降

播州姫路城図(大絵図)元禄十二年(1699年)~宝永元年(1704年)

google earth

平成の大修理の前の姫路城へ  家族で世界遺産! 曇り空、ジミめ

姫路城には、平成21年から平成27年に行われた平成の大修理の前と後に家族みんなで訪れている。

「平成の大修理」の前、2007年に訪れた。天気もどんより、屋根も壁もすっきりとはしていない。手前の樹木も茂り過ぎていて天守を隠す。

今思うと壮観でシブいが、優雅さ綺麗さに欠ける。

近くで見ると白壁も薄汚れている。左が乾小天守、右が西小天守、中央が大天主。ここからは見えない東小天守の四つの天主を渡櫓で繋いだ連立式天主。

天守の軒先の角がそろっていない。「不揃いの美」という未完成さを演出するための設計。完成は崩壊の始まり、という考えによりあえて未完成にしている。

天主内部には鉄砲があったり。

平成の大修理の後の姫路城へ  家族で世界遺産! 快晴、さくら満開

そして「平成の大修理」の後、2015年に再度訪れた。天気も快晴、桜も満開。これぞ別名白鷺城の名のとおり。

満開の城桜に映える姫路城。

ずっと見ていても飽きない。

ウワサどおり真っ白だ。白すぎるという声もあるが、そんな事はないぞ! とってもいい感じ。

屋根の漆喰が白さを際立てているが、カビが生えて数年でグレーになるらしい。

この白さのままの方がいいと思うなぁ。

さぁて、「姫路おでん」と、「どろ焼き」を食べて帰ろう。「姫路おでん」は、しょうが醤油で食べるおでん。「どろ焼き」は、おもてはパリッなかはトロリ、スプーンですくって特製だしをつけて食べる、お好み焼でもなく、もんじゃでもないという粉もんフード。