彦根城

滋賀県の東部に位置する彦根城は、姫路城、松本城、犬山城、松江城とともに国宝に指定されている。現存12天主と呼ばれる天守をはじめ、重要文化財の各櫓、下屋敷の庭園である玄宮園、内堀・中堀などが当時の姿を留めている。

彦根城は1992年に世界文化遺産の暫定リストに記載され世界遺産の候補となった。正式な推薦のためにはユネスコに提出する「推薦書」が必要で、この「推薦書」には世界遺産としての価値の説明と、遺産を保護するための計画の説明が記載されなければならない。現在は滋賀県と彦根市が協力し「推薦書」の原案の作成を進めている。「推薦書」が完成し国内で推薦候補に選ばれると、国からユネスコに「推薦書」が提出され、イコモスの審査を経て世界遺産委員会で登録の可否が決定する。

慶長9年(1604年)徳川家康の命により佐和山城を一掃するため彦根城は着工された。天守は大津城から、天秤櫓は長浜城から移築され、2年足らずで完成した。しかし、表御殿の造営、城郭改造など、城郭の完成は1622年とされている。 井伊直孝は、徳川秀忠、家光、家綱の三代にわたって将軍の執政となり、幕府政治確立にも貢献し、譜代大名としては例のない30万石となる。このほかに幕府領5万石の預かりがあり、彦根藩は合わせて35万石となった。

明治の廃城令により解体の危機にみまわれていたところ、明治11年(1878年)明治天皇が北陸巡幸を終え彦根を通られたときに城保存の大命を下された。

そんな彦根城に奥さんとJR新快速に乗りプチデートと称して出かけた。桜の季節だがあいにくの雨降り。雨でもひこニャンはがんばっていた。

今回はプチデート企画。彦根城に行く前に奥さんには先にエサを与えてご機嫌を取っておかなければならん。なぜなら彦根城の見学時間が短くなるから。という訳で彦根駅から雨の中を歩き、夢京橋キャッスルロードへとやってきた。ここには近江牛の肉うどんを食わしてくれる「麺匠ちゃかぽん」がある。

うどんの上に近江牛の薄切り生肉が載っている。熱々のダシは自分でかけて食べるのだ。

熱々のダシのかけ具合で肉のレア度が調整できる。こんなうどんを食わせておくと、奥さんはすこぶる機嫌がよろしい。

さくら満開の彦根城に到着。あぁ青空の下でこの景色を見たかった。ここは南西側の中掘。江戸時代の彦根城は、内堀・中堀・外堀という三重の堀に囲まれていたが、現在は外堀は大部分が埋られてしまい土塁がわずかに残っている。内堀と中堀はほとんどが当時のまま残っている。

京橋口から内掘へと進んでいく。

城の中心にそびえる天主は、完成が慶長12年(1607年)ころであると推定されている。もともと5階4重の大津城の天守を3階3重で移築した可能性が考えられている。

大きな切妻破風、入母屋破風、唐破風を複雑に組み合わせている。

三重の天守は牛蒡積みの石垣の上に建つ。

2階と3階には花頭窓 を配置し、3階には高欄付きの廻縁を巡らせている。

2024年度の世界遺産登録へ向け、江戸時代の藩主や武士たちが彦根城とその周辺に住み、一体となって「統治」していた社会構造に着目し、個別の領地を支配していた戦国時代の武士が、江戸時代に統治者へと転換したとし「彦根城がその統治を表した代表的な城だ」としている。

天主からは琵琶湖や伊吹山が見渡せるらしいが、あいにくの天気で残念。

原木を生かした建築。

彦根城には、天秤櫓、太鼓門櫓、西の丸三重櫓、佐和口多聞櫓と4つの櫓が残っており、すべて重要文化財に指定されている。しかし雨降りプチデートのためじっくり見学はおろか写真を撮るのも忘れていた。

玄宮園は17世紀後半に造られた庭園で、池を中心にさまざまな自然の景観が再現されている。城主らはこの庭園で和歌た漢詩、茶の湯、武芸などを実践した。

ひこニャンと嬉しそうにツーショットを撮るのは奥さんではなく、写真見せろとも言っていないのに「私も彦根城に行ったよ~」と勝手に画像を送信してくる知人A。

御城内御絵図 文化11年(1814年)

彦根御城下惣絵図 天保七年(1836年)

google earth 天守や櫓、下屋敷の庭園である玄宮園、内堀・中堀など当時の姿を留めている、すばらしい城と城下町。