松本城 Matsumoto Castle

かつて室町時代の松本の地は深志郷と呼ばれ、坂西氏が統治し居館を中心に人々が生活をしていた。永正元年(1504)その地に島立右近貞永が深志城を築き、これが現在の松本城の前身といわれている。

天文19年(1550)武田信玄は北信濃への侵攻の拠点として深志の場所を選び、武田氏の統治が32年間続いた。しかし、天正10年(1582)織田信長によって武田氏が滅ぼされると、木曽義昌、小笠原洞雪と城主が代わり、その後、武田に信濃から追い出された小笠原長時の嫡子である小笠原貞慶が深志城を奪還する。小笠原貞慶は深志を松本と改め、城郭と城下町の整備に取り組む。

天正18年(1590)豊臣秀吉の命を受けた石川数正が小笠原貞慶に代わり松本へ入ると、更なる城郭の整備と城下町の拡充に着手する。

まずは平成3年当時の入場券の写真から。

松本城旧景図 後藤新門画 旧藩士の後藤新門が幕末の姿を思いおこして明治30年頃に描いた絵。

享保13年秋改 松本城下絵図

Googlemap2020 『享保13年秋改 松本城下絵図』と同じアングルのGooglemap航空写真を見ると、南西の外堀は埋められ住宅地となってしまっている。残念。

https://matsumoto.photo/

若かった2人は親に内緒で、富山側から立山黒部アルペンルートで大町へ、そして美ヶ原温泉で一泊し、松本城へとやってきた。まだまだ昭和の時代を引きずる、平成3年(1991年)4月、この当時は「写るんです」という使い捨てカメラで撮ったフイルム写真。南西の方角からだと連結複合式の乾小天守、大天守、辰巳附櫓、月見櫓が見えカッコよろしい。ちなみに全て国宝。

松本城は真っ黒い城のイメージであったが、実際は白と黒の二色で構成されている。壁の下部は黒漆塗りの下見板で覆われ、上部分は白漆喰で塗られている。下見板は、屋根の庇では防ぎきれない壁の下半分を雨水から守るため取り付けられている。

「写るんです」なのでセルフタイマーも無く、誰かに撮ってもらう事も無く、お互いを撮り合う。

当時流行ったパノラマ写真を今の技術で縮小し歪みを取り除いてみた。西から見ると乾小天守と天守をつなぐ渡櫓も見える。渡櫓も国宝。

埋橋で内堀を渡り本丸へと入り進む。

月見櫓から天守一階を見る。中央の出っ張った部分は石落と呼ばれ、石垣を登ってくる敵兵に石を落としたり、熱い湯をかけたり、火縄銃で撃ったりして天守を守る仕掛け。

月見櫓でひと休み。

スボンにシャツをインする2人はとっても仲良さげではある。現存天守で五重の天守はここ松本城と姫路城だけ。とっても貴重なお城でした。